2006年06月16日

脾胃との関連が最も深い湿邪と痰濁

漢方と漢方薬小論文集

   ●脾胃との関連が最も深い湿邪と痰濁

 湿邪は陰邪であり、粘膩・粘滞な性質を持つためなかなか除去し難く、全身各所の特定の部位で停滞しやすい。
 脾胃は水穀の海であるから湿邪の影響を最も受けやすい。
 湿邪は外湿と内湿があり、外湿は外来の湿邪による病変を指し、内湿は脾虚不運湿による体内から生じた湿邪の病変を指す。
 外湿と内湿の関連性は深く、脾虚不運湿は外湿を招来する誘因となり、外湿が除去されなければ脾が損傷されて内湿を誘発する。
 湿邪は他の邪と合併することが多く、風邪や寒邪とともに経絡に侵入して痺証を形成したり、寒邪を伴う寒湿の病証や、熱邪を伴う湿熱の病証を形成し、なかでも湿熱の病証が比較的よく見られる。

痰濁は脾胃を中心とした臓腑の機能失調から生じた病理的産物であり、言い替えれば病理的に生じた体内の廃液や廃物である、ということである。生体内におけるこれらの病理産物の残留は、さらに新たな臓腑の機能失調を誘発し、複雑・難治な疾病を生じる原因となる。痰濁は人体の代謝失調によって生じた有害物質であり、各種の公害物質やコレステロール・脂肪類までをも包括しており、また「痰瘀お相関学説」があるように瘀お血とも交結しやすく、複雑多変で難治な疾患へと発展しやすいのである。
posted by ヒゲ爺 at 19:16| レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。